会長挨拶


会長 山本 直樹

<基本方針>

紡ぐ
~繋がりのあゆみを大切にし、未来への歩を進めよ~


 昨年度は、コロナ禍でありながらも、埼玉県商工会議所青年部連合会の2大事業の1つ『ヤングリーダー研修会』を主管地として行いました。大会テーマである『団結~一輪となって未来を切り拓け~』の言葉通り、メンバーが一致団結し当日を迎え、そして確実にメンバーの成長が見えた事業となりました。

 昨年度掲げた1年間のテーマ『To Get a Huge Break~これこそがYEGだからこそYEG』。

 メンバーが傍観者にならず、自ら率先して事業や委員会活動に参加する事で、得られる物は必ずあるという事を知って欲しいという願いを込めました。活動が制限される1年ではありましたが、飲食店応援企画『忍飯』、230年超企業の社長に学ぶ講演会、『ヤングリーダー研修会行田大会』を行えたことで、YEGの可能性を感じてもらえていたら幸いです。

 さて、今年度は行田商工会議所青年部が創立30周年という節目を迎えます。先輩方が築きあげてきた『行田商工会議所青年部』。これまでに関わってきて頂いた関係者に感謝を、そしてこれからの40周年、50周年に向けての組織の活性を一歩一歩あゆんで行きましょう。

 その為に、今年度は4つの委員会と1つの会議体を作りました。組織の活性にはなんと言っても、会員の増強が要。そして会員同志が切磋琢磨できる交流の場をもってもらう為に、『会員拡大・交流委員会』。社会の情勢から、今何が必要なのか、どうビジネスに展開できるかを研究、実践してもらう『ビジネス研究・実践委員会』。地域に誇りをもち地域の魅力を発信する『地域の魅力創造委員会』。組織にとって下支えは無くてはならないもの。組織の顔として『総務広報・会員支援委員会』。30周年の企画及び主導として『30周年実行委員会』をもうけます。

 せっかく縁あって加入している組織。その組織を活用するのも、活用しないのも自分次第。どうせやるなら、この組織を活用し社業の発展、同志との繋がりを大切にし、大きな一歩(未来)を踏み出そうではありませんか。

行田商工会議所青年部 
会長 山本 直樹



<YEG委員会構成>

正副直前会長会議
・会の運営管理
・未来ビジョンの策定
・役員会(議案)の確認
・ホームページの管理

ヤングリーダー研修会準備室
・親会との打合せ
・埼北YEGとの交流
・行田市内外の他団体との交流
・各委員会のフォロー
・県連役員会へ出向、人脈構築

ビジネス応援委員会
・ビジネス例会の開催
・勉強会の設営
・企業訪問等

市政交流委員会
・市役所職員との交流
・市議会議員との交流
・市長との交流

会員拡大親睦委員会
・会員の拡充、親睦
・暑気払いの運営
・商工祭・忍城時代まつり時「のぼう巻き」の販売
・のぼう巻きの販売促進
・全員協議会(忘年会)の運営

総務広報委員会
・総会の運営
・臨時総会の運営
・広報誌「アントレプレナー」の発行
・KKT(研修と交流の集い)、ヤングリーダー研修会の設営(動員等)
・SNSの配信
・ホームページの配信
・卒業式の運営


<事業計画>

1.会員同士並びに各青年部との事業連携
2.地域活性化事業への取り組み
3.行田商工祭・忍城時代まつりへの取り組み
4.行田商工会議所事業及び関係団体との連携・協力
5.青年部として親会および行政への意見具申活動の推進
6.会員の加入促進と研修
7.会員交流事業の参加(埼玉県・関東ブロック・全国大会)
8.埼青連事業並びに諸会議への参加支援
9.その他

行田商工会議所青年部への入会をご希望の方は下記よりお願いします